【MLB】大谷翔平、本拠地デビューからホーム3戦連続HR&2打点はリーグ史上初の偉業

【MLB】大谷翔平、本拠地デビューからホーム3戦連続HR&2打点はリーグ史上初の偉業

第1打席で3号ソロ、第3打席では満塁で押し出し四球

 エンゼルスの大谷翔平が6日(日本時間7日)、本拠地アスレチックス戦で「8番・DH」でスタメン出場し、3試合連続で本塁打を放った。第3打席では押し出し四球を選び、この日2打点目を挙げた。これで本拠地デビューからホーム3戦連続で1本塁打2打点以上を記録。球団によるとこれはア・リーグで初の快挙となった。 大谷は6点を追う2回2死走者なしの第1打席で先発ゴセットからセンターへ3号ソロを記録。4回無死二塁の第2打席では中飛に倒れたが、6-8と2点を追う5回1死満塁の第3打席では右腕ヘンドリクスに対してストレートの押し出し四球となり、2打点目を挙げた。

 大谷は本拠地デビューとなった3日(同4日)のインディアンス戦で1号3ランを含む4打数3安打3打点。4日(同5日)の同試合は2号同点2ランを含む5打数2安打2打点。そしてこの日は第3打席の時点で1本塁打2打点となっており、本拠地デビューからホーム3戦連続で1本塁打2打点以上を記録。これは、打点が記録として導入された1920年以降、リーグ初の偉業となった。メジャーではナ・リーグで2015年にロッキーズのトム・マーフィーが記録しており、大谷で2人目となった。

カテゴリー: 野球ニュース パーマリンク